Service
診療品目

審美歯科

多角的な治療アプローチで印象を創り上げる審美歯科エッセンス

口元の美しさを形成するために、「歯肉・歯茎」「歯の形・並び」「歯の色」と
3つに分解していき、それぞれに歯周形成外科、審美補綴・矯正、ホワイトニングなどを
組み合わせて総合的にアプローチし、口腔内の一つ一つを精細な治療で美しくします。

審美補綴と審美矯正治療

外科手術で歯茎を整える

セラミックやメタルボンドなど、耐久性や審美性に優れた歯科材料を使用し、歯の形自体を美しく整えます。歯列にアプローチし、美しい歯の並びを考えて、矯正を提案し、歯の配置と歯列を整えて美しいスマイルラインを形成します。

アプローチ
整列の美しさで印象を上げる

80年間まで歯を残すQOLの向上を考えた予防歯科の価値

外科手術で歯茎を整える

歯を白くするホワイトニングは、近年新しい美容法として、多くの女性に取り入れられています。
マウスピースと薬剤を使用して自宅で歯を白くするホームホワイトニングや、院内で専門家が薬剤を塗布し特殊な光を照射して行うオフィスホワイトニングがあります。また、PMTCという特別な歯のクリーニングも歯を白くするのには有効で、患者様に合わせてご提案しています。

ホワイトニング
ホワイトニング
  • ・オフィスホワイトニング
  • ・ホームホワイトニング
  • ・デュアルホワイトニング
  • ・ガムブリーチ
  • ・ウォーキングブリーチ
クリーニング
クリーニング

専門家による口腔内清掃で、磨き残しや自分で手が届かないところまでクリーニングし、定期的に行うことで、虫歯や歯周病の予防となります。


色の印象で表現する


歯周を再生。歯周組織再生誘導治療

口元の美しさを実現するため審美歯科をオペ技術でご提案することもあります。近年、歯茎が見える、歯が長く見える、歯並びが悪いなど、口元のお悩みをお持ちの患者様が増えています。当院では、歯周の状態を診断し、見た目を美しくする要素を、歯周外科治療で実現していき、様々な審美歯科治療で美しさを構成していきます。

歯茎の組織修復

外科手術で歯茎を整える

笑ったときに歯茎が見える、歯周病でキレイな歯茎でないなどを解決するために、移植手術で歯茎の量・形を調整し、歯周の美しさを創り上げます。歯周形成外科で歯茎の形・量を調整することで、笑ったときや口を開けた時の印象を劇的に美しくします。

歯周形成外科アプローチ
印象に必要な部分を調整する

「歯周の審美的要素を診る」口元の美しさを形成する歯周形成外科

口元の美しさを形成するための歯周形成外科では、口腔内の美しさを実現するために、口腔内を構成する部位のひとつである「歯肉(歯茎)」にフォーカスして、歯の形・並び・色に合わせて外科的アプローチを施し、審美歯科だけでは叶わない口元の美しさを提供しています。

移植術

付着歯肉(コラーゲン繊維に富んだ固く動かない歯肉)は丈夫で刺激に強い組織です。これが歯根の周りにない場合、歯肉が退縮しやすくなるので、上顎の口蓋の組織(角化歯肉)を切り取り、歯根部に移植して歯肉の退縮を防ぎます。

歯茎(歯肉)の美しさを創るアプローチ
歯周組織の治療 歯周病での歯周組織の損傷などを治療し、歯茎の腫れを予防し、歯肉の美しさを実現します。
歯肉退縮の改善 歯茎が下がってしまい、歯の根の露出を防ぐため、歯肉の移植を行います。
歯茎と補綴物の調整 かぶせなどのセラミックと歯茎の色と形状のバランスを整えます。

お問い合わせはこちら