Service
診療品目

虫歯治療

予防対策を実施し、長期的に歯を残す

歯を失う大きな原因となる虫歯。最初は小さく削り、詰め物をし、そこから再発。また治療を行い、削って被せ物をする。 このような虫歯と再発のサイクルが進んでいくと、最終的に神経を抜き、抜歯となり、遂には「欠損」となります。
長期的に歯を残すために、当院では進行サイクルを考えて、最善の治療で取り組みいたします。

再発リスクを抑え、将来を見据えた「精密な根管治療」





虫歯を治すことだけでなく、年齢を重ねても健康を維持できるような将来見据えた歯科治療を考えなければいけません。

健康な歯から初めは小さな虫歯が発生し、歯を削って治療を行った後でも、小さな虫歯を治療するために歯を小さく削ります。しかし、再発を繰り返すごとにどんどん歯が削られ、神経を抜く、抜歯へと進行し、歯が喪失していきます。

このことを考え、少しでも長く歯を残すために、それぞれの歯の状態で適切な治療を行うことが重要です。

歯の保存・修復の技術は、「補綴物の選定」で決まる

補綴物

歯の状態のステージを「修復と再発のサイクル」から診断し、状態ステージに合わせた最適な虫歯治療を展開いたします。
長期的に歯を残すことを目指し、再発リスクを限りなく抑えた治療を行い、適切な補綴物による歯の修復、根管治療、欠損後の補綴物提案(インプラント、ブリッジ、義歯)を行い、生涯健康な歯の維持に努めます。

虫歯が小さい時に疾患部を最小限に削り、高性能の合成樹脂(プラスチック)を使用して、直接お口の中で歯の形を作って修復していくので、最小限のダメージに留められます。

虫歯が大きい場合、疾患部を削り、インレー(詰め物)という補綴物で詰めます。また、見た目が気になる方は、銀の詰め物だけでなく、白の詰め物で修復していきます。

虫歯が進行すると、神経や根の治療が必要となります。神経を取り除き、根の中を消毒(根管治療)し、クラウン(被せ物)を装着します。

虫歯が再発を繰り返し歯の損傷が進むと、歯が破損し抜歯をすることになります。 欠損した歯を回復させるために、インプラント・義歯・ブリッジなど様々な治療を提案し、機能的な歯を取り戻します。

80年間まで歯を残すQOLの向上を考えた予防歯科の価値

予防歯科

虫歯を小さい段階で見つけられた場合は、歯を必要最小限で削り「コンポジットレジン」という合成樹脂で修復します。
何層も重ねることで天然歯に近い色調を再現することもできます。

コンポジットレジンを使用した治療は直接お口の中で歯の形を作って修復するため、基本的に何回も通うことなく、治療した日に終了します。







お問い合わせはこちら