Service
診療品目

矯正治療

“顎”を診ることで美しい歯並びを創る矯正治療

美しい歯並びを創るには、歯の大きさ、顎の大きさ、歯の生える位置が重要です。こどもの頃から歯が成長していく過程で、 この3つの要素が正しく揃っていれば、大人になっても美しい歯並びを維持することができます。
こどもの頃は指しゃぶりや、 舌を出してしまうなどのクセで、歯を外へ押し出してしまったり、顎の骨の発育が悪く歯が生えるスペースを確保できずに、 歯並びを悪くしてしまったりすることがあるので、当院ではこどもの頃から大人になるまで顎の骨を矯正することで、将来の正しい歯並びへアプローチしています。

再発リスクを抑え、将来を見据えた「精密な根管治療」

歯が生える土台を拡大する「顎顔面矯正」

顎顔面矯正は、歯が生える土台となる上顎の骨を広げる固定式拡大装置です。急速拡大装置という金属製のバンドと太いワイヤー、顎骨を押し広げる力を調整する拡大ネジで治療します。 顎の成長に沿って矯正を行うので、永久歯への生え変わり前や、生え変わり時期のお子様には効果的で、通常のワイヤーとブラケットを使用するマルチブラケット法で歯列のみを治療するよりも、顎全体を理想的な大きさに矯正するので、きれいな歯並びが実現できます。 治療は早い程効果が得られる可能性がありますので、できれば生え変わり前にご相談ください。

顎を大きくする小児矯正治療
急速拡大装置による治療
  • 急速拡大装置を固定する
  • 専用器具(拡大用の棒)を使ってネジ穴に差し込む
  • 手前から奥にむかって器具を動かす。
  • 奥までまわし、器具を抜く。一回のネジ回しで約0.2ミリ拡大される。
お子さん、お孫さんに気になる症状ありませんか?あごの発育不良による疾患と対策

顎骨の発達不全が原因で引き起こす可能性のある症例をご紹介します。
これらは顎骨の発達を促すことで改善するかもしれません。

  • 歯並びが悪い

    受け口や出っ歯、八重歯、すきっ歯などの歯並びが多く見られます。

    対策 顎の大きさを拡大し、永久歯が正しく生えるように小児矯正を行います。
  • いびきをかく

    無呼吸症候群や扁桃腺などの肥大が原因でいびきをかくことがあります。

    対策 上あごを拡大して鼻呼吸を行うように気道を改善する必要があります。
  • 姿勢が悪い

    上あごが成長不全だとくち呼吸になり、息がしにくいため猫背になり、姿勢が悪くなることがあります。

    対策 上あごを拡大して鼻呼吸ができるようになると、姿勢は改善します。
  • 落ち着きがない

    睡眠時無呼吸症候群が原因で日中、落ち着きがなくなることがあります。

    対策 鼻の通りが良くなることで改善する可能性が高いので、上あごを広くします。
  • 風邪を引きやすい

    口呼吸は冷たい空気やウイルス・細菌が直接のどに届いてしまい、乾燥で炎症を起こしてしまいます。

    対策 上あごを広げると鼻腔が広がり鼻呼吸がしやすくなります。
  • 食べ物が噛みにくい

    食べ物を奥歯でよく噛めないなど咀嚼がスムーズにできなくなります。

    対策 歯の生え変わる時期に合わせ咀嚼機能の改善と食習慣を考えた指導を行います。
  • 滑舌が悪い

    顎の発達不全や歯列不全が原因で発音がっしかりできず、滑舌に影響を及ぼすことがあります。

    対策 永久歯が正しく生え変わるように、顎の大きさに沿って歯並びを整えます。
  • おねしょが多い

    睡眠時無呼吸症候群が原因で睡眠時につくられる尿が多くなっている可能性があります。

    対策 上顎を拡大し、鼻呼吸に変えることで治ると言われてます。
  • 寝る時口が開いている

    上あごが小さいと鼻腔が狭く、無意識に口呼吸になりがちです。

    対策 上あごを拡大すると鼻呼吸がしやすくなり、改善する可能性があります。
  • いつもぼーっとして口を開けている

    鼻腔が狭く、下あごの位置がずれていると、呼吸がしにくくぼーっとしてしまいます。

    対策 上あごを矯正することで、鼻腔を広げ、下あごの位置を正常に致します。
  • 寝相が悪い(うつぶせ寝)

    下あごの成長が悪いと、気道を広げるためにうつぶせ寝が習慣づいてしまいます。

    対策 下あごの位置を正常にすることで、呼吸しやすくなり、上を向いて自然に眠ることができます。
  • 耳鼻科通いをしている

    鼻アレルギーや鼻づまりの原因として、鼻腔が狭いことがあげられます。

    対策 矯正により鼻腔を広げ、鼻で息がしやすくなり、アレルギーの改善が見込めます。
  • 唇が荒れたり切れたりしやすい

    口呼吸が多いと口周りが乾燥し、唇が荒れる原因になります。

    対策 上あごを広げ、鼻腔を広くすることで、口呼吸の必要がなく、鼻呼吸に誘導することができます。
  • 扁桃腺が腫れやすい

    口呼吸が多いと、扁桃腺に炎症を起こしやすくなってしまいます。

    対策 鼻腔を広くし、鼻呼吸を促し、鼻のフィルターを通して空気をとりこめるようにして改善します。
  • おしゃぶりが取れない

    おしゃぶりを長く使用しているとあごの成長に悪い影響を与えることがあります。

    対策 あごの成長を正常に促して、咬み合わせや歯並びを改善します。
  • アトピー性皮膚炎のような肌をしている

    鼻呼吸に比べ、口呼吸は免疫が低下してしまう可能性が高まります。

    対策 上あごを広げ、鼻腔を広げることで、鼻呼吸に誘導し、免疫低下を予防します。
無料相談 随時受付中

快適に矯正治療を行う。「透明マウスピース矯正治療」

透明マウスピース矯正

透明マウスピース矯正。
近年、薄くて違和感なく装着しやすく、目立たず快適に矯正治療を行えることで人気です。
普段の生活でも装着を気づかれずに過ごすことができ、来院、治療回数も少ないことから、選ばれる患者様が増えています。

透明マウスピースによるメリット
1
透明なので、
気付かれず治療できる

透明なアライナーと呼ばれるマウスピースを使用します。透明なので、気付かれず、目立ちにくいので快適に歯列矯正を行えます。

透明なので、気付かれず治療できる
2
着脱可能
衛生的に最適

取り外しができるので、歯磨きや食事の時にも最適です。虫歯や歯周病になりにくい利点もあります。

着脱可能 衛生的に最適
3
理想の歯にあわせた
マウスピースを作製

治療計画に基づき一人ひとりにカスタマイズされたアライナー(透明マウスピース)を作製し、患者様の理想の歯並びを実現します。

理想の歯にあわせたマウスピースを作製
4
来院回数を減らせる
デジタルで治療管理

透明なアライナーと呼ばれるマウスピースを使用します。透明なので、気付かれず、目立ちにくいので快適に歯列矯正を行えます。

来院回数を減らせるデジタルで治療管理
無料相談 随時受付中
お問い合わせはこちら