患者様に知ってほしい補綴の話
歯科材料についてお伝えいたします

補綴の考え方 補綴(ほてつ)の話

補綴治療とは虫歯や事故などで歯の大部分を失ったり、歯周病などで歯そのものを失ってしまった場合に、見た目や咬み合わせの機能を補綴装置により回復させる治療です。
補綴装置はいくつかの種類があり、歯が残っている場合にはクラウン(かぶせ)という装置が主に用いられ、歯を失ってしまった場合には、入れ歯、ブリッジ、インプラントという装置が用いられます。
また、材質も金合金やセラミック、ジルコニアとさまざまな種類があり、強度や審美性、アレルギー、歯垢・歯石の着きにくさ等を考慮し選択する必要があります。

噛みやすい機能性 顎関節の状態、虫歯の既住歴、歯周病の状態を考慮し、身体や口腔機能に調和する素材を選ぶ。
持続的に噛める耐久性 丈夫で長持ちする歯科素材を選ぶことが重要。インプラントなど長期間機能しないといけない素材は、品質の高く、より丈夫なものを選ぶ。
外見面を創る審美性 金属や陶器(セラミック)など材料の素材によって色調や硬さが異なるので、見た目をどこまで重視するかで選ぶ。

補綴の種類 「機能性」「耐久性」「審美性」患者様に合わせた最適な補綴物を選択

患者様の疾患に合わせて、最適な補綴物を選択し、治療の品質を向上させることが重要です。 患者様に満足していただけるために、口腔内の状況を考えて、ライフスタイルに合わせた補綴物を提案いたします。

かぶせや詰め物であるクラウン・インレー。金属やセラミック(陶器)、人工ダイヤモンドと言われジルコニアなど幅広く取り揃え、天然の歯に近く、耐久性、審美性などの特徴に合わせた素材の提供が可能です。

インプラントは、フィクスチャー(ねじ)、アバットメント(連結部分)、人工歯(上部構造)の3つで構成されております。品質が高く、長期間保証のメーカ素材を使用し、長く使用できるインプラント材料を提供しております。

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、2本あるいはさらに多くの歯を橋脚にして、連続した被せもので橋を架ける方法です。安定性が高く、しっかり噛めるので、機能性はある程度回復できます。装着後の日常ケアが重要です。

マグネット式入れ歯、金属を薄くした入れ歯など、噛みやすく、審美性を考えた様々な入れ歯を提案できます。 歯の種類も保険でできるレジンや見た目がより天然歯に近い陶材などご用意しており、着脱性や安全性など様々な利点を考えて入れ歯相談を行っております。

補綴治療の選択性 欠損した歯をよみがえらせる補綴学を専攻した知識と技術

長年の臨床経験と症例実績で、患者様の疾患を診断し、最適な治療を実現できるように、補綴学を専攻した治療を展開いたします。
口腔内の機能性と審美性を向上させる最適な補綴物を、歯科補綴学の観点から考え、欠損歯を補い、口腔内機能の正常化を提案いたします。

部分的な虫歯や歯が一部分欠けてしまった場合に、患部を取り除き、修復する方法をインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)と言います。

また修復材料の色、耐久性、再発リスクを考え、患者様に審美的、機能的に 最適な素材を提供しています。

欠損歯を機能的によみがえらせるために、患者様の口腔内の状態を考えて、 様々な補綴の性質を診て選定し、治療を行っていきます。

■インプラント
歯が欠損した部分の骨に人工歯根を埋入し歯の機能を回復させる。
■ブリッジ
歯が欠損した部分の両隣あるいはさらに多くの歯を削り、連結したクラウン(被せ物)を装着する。
■入れ歯
歯が欠損した部分に取り外し可能な人工歯肉と人工歯をつくる。残存歯がある場合は削ってバネをかける。

補綴治療のアプローチ 診断×補綴学×再生誘導療法 高い治療を実践できる「歯科補綴治療」

大学での臨床経験と疫学研究、専攻する補綴学的見地そして、歯周再生療法を組み合わせることで、患者様の生活の質をさらに向上させることができます。

単純な技術知識でなく、歯科の専門性と治療を論理的なアプローチを実践して治療を行うことで、「機能・審美・永続性」を高品質な状態に導くことができます。

補綴選定における診断力 ドクターがどの補綴で治療することが最適か、また歯科材料の選定と補綴の整合が合致しているかを見極め、患者様目線で高品質な診断を提供いたします。
高い専門性の補綴学 様々な補綴装置を使用しての治療アプローチに対して、安全性、整合性、機能性、審美性など多方面の効果について考えた治療を行います。
高い適合精度技工技術 患者様の歯との適合性を考え、最適な補綴物を経験に基づいた技工技術で作製し、装着していきます。